安全への取り組み

12月度災害防止協議会実施

2018.12.18

12月10日、17日弊社会議室において、株式会社太陽商工と株式会社レノバ合同の12月度災害防止協議会を開催いたしました。
 はじめに、安全標語『気を抜くな 慣れた作業に危険が潜む 基本を守ってゼロ災害』の指差し呼称を全員で行いました。次に㈱太陽商工 取締役 渡部より開会挨拶として、年末の忙しい時期くれぐれも事故のないよう気をつけること、また、1ヶ月に1回の災害防止協議会の積極参加のお願いをさせて頂きました。続いて前月の災害防止協議会の議事録を再度確認。その後、月別の重点安全項目の発表を行いました。11月度の重点安全項目は、現場内足元注意ということで、作業、安全通路の整理整頓及び確保すること、作業前、作業手順書の確認を行い落ち着いて作業を実施すること、また作業前、開口部・脚立の点検を行い、墜転落の防止となっています。
 1月度の重点安全項目は、作業前の準備運動及び健康管理で、作業に取組む前、充分に身体をほぐしてから作業を開始すること、適度な休憩を取り、作業時の集中を図ること、作業前、地盤の凍結やぬかるみに注意し、落ち着いて作業を行なうこととなっています。
 災害事例報告では実際に起こった小屋裏梁上からの転落事故、運搬作業時に起きた転倒事故等の労災事故をあげ、その事故の事例を検証し、未然防止策を皆で検討しました。
 安全DVDは「墜落・転落・安全帯~安全帯で身を守れ~」を視聴。不安全行動によって起こる墜転落事故の実例と、安全帯の装着がいかに有効的に身体を守るかを、皆で勉強しました。(ハーネスト型の安全帯の推奨を行なっていきます。)
 10日に実施した安全パトロールの報告では、実際に現在施工中の現場での良い点、是正すべき点などを画像と共に報告し、災害防止はもとより、より一層お客様にご満足いただける品質確保に対する意識を高めました。
 最後に閉会挨拶として㈱太陽商工 執行役員の鈴木より、毎月行われる災害防止協議会で勉強した内容を、現場で活かして欲しい旨のお話しさせて頂きました。
労災ゼロは4230日を達成し、記録を更新しています。改めて5000日を目標として今後も現場の安全について、社員・協力業者一丸となって取り組んで参ります。

11月度災害防止協議会実施

2018.12.05

 11月12日、19日弊社会議室において、株式会社太陽商工・株式会社レノバの合同災害防止協議会を開催いたしました。
 はじめに、安全標語『気を抜くな 慣れた作業に危険が潜む 基本を守ってゼロ災害』の指差し呼称を全員で行いました。次に太陽商工取締役 渡部より開会挨拶として、10月31日に開催した安全衛生推進大会参加のお礼と、これから冬に向かって寒くなってきますので、体調管理には十分気を付ける旨のお話しさせて頂きました。続いて前月の災害防止協議会の議事録を再度確認。その後、月別の重点安全項目の発表を行いました。11月度の重点安全項目は、作業前の準備運動、作業手順書の読み合わせをもとにKYの実施となっています。そして、インフルエンザ予防として、手洗い、うがいの実施となっております。
 12月度の重点安全項目は、現場内足元注意ということで、作業、安全通路の整理整頓及び確保すること、作業前、作業手順書の確認を行い落ち着いて作業を実施すること、また作業前、開口部・脚立の点検を行い、墜転落の防止となっています。
 災害事例報告では実際に起こった作業台からの転落事故、突風による資材の落下事故等の労災事故をあげ、その事故の事例を検証し、未然防止策を皆で検討しました。
安全DVDは「実践一人KY(撲滅不安全行動)」を視聴。現場の何処に危険が潜んでいるかを認識することが、労災防止に繋がることについて皆で勉強しました。
 12日に実施した安全パトロールの報告では、実際に現在施工中の現場での良い点、是正すべき点などを画像と共に報告し、災害防止はもとより、より一層お客様にご満足いただける品質確保に対する意識を高めました。
 最後に閉会挨拶として太陽商工執行役員の佐藤より、毎月行われる災害防止協議会の重要性について、お話しさせて頂きました。
労災ゼロは4200日を達成し、記録を更新しています。改めて5000日を目標として今後も現場の安全について、社員・協力業者一丸となって取り組んで参ります。

 

防災避難訓練実施

2018.11.16

11月15日、美園消防署にご協力いただき、防災非難訓練を実施いたしました。
水消火器を使っての消火訓練もさせていただき、火災時の対応について再確認いたました。

『平成30年度安全衛生推進大会』開催

2018.11.02

10月31日(水)、さいたま市プラザウエストにおいて、(株)太陽商工・(株)レノバ社員と協力会業者様が参加し、安全衛生推進大会を行いました。
協力会業者様16社の安全表彰を行い、安全意識の高揚を図りました。
今回の基調講演はマナー スプリングス代表・筑波大学客員教授 江上いずみ先生をお招きし、「現場でのコミュニケーションとおもてなしの心」と題し、JALファーストクラスのチーフCAを勤められた経験などを通して言葉や態度、心の表し方など、より良いコミュニケーションについて教えていただきました。
休憩をはさみ、交通安全DVD「私たちは絶対に労働災害をおこさない!」を視聴し、現場労災撲滅への意識を再確認しました。
 その後総務部より、埼玉県内で起こっている労働災害事故数、内容を報告し、活況も人手不足から労災が増加傾向にあることを報告致しました。また弊社での安全衛生に関する取り組み、産業医による健康相談の実施を通し、協力業者の皆様が安心して働ける体制づくりについてもお伝えしました。
 最後に工事安全宣言、交通安全宣言、安全標語の指差呼称を行い、協力業者様、弊社社員が一丸となって、安全な職場環境を維持していくことを誓い合いました。
 ご多忙の中ご参加いただいた協力業者様、ご講演頂きました江上先生には、心より御礼申し上げます。

10月度災害防止協議会実施

2018.10.16

 10月9日、15日弊社会議室において、株式会社太陽商工・株式会社レノバ合同の10月度災害防止協議会を開催いたしました。
 はじめに、安全標語『気を抜くな 慣れた作業に危険が潜む 基本を守ってゼロ災害』の指差し呼称を全員で行いました。次に㈱太陽商工 取締役 渡部より開会挨拶として、小さな労災が重大労災、ひいては死亡労災に結び付くことにも、なりかねないので、現場での安全遵守についてお話しさせて頂きました。続いて前月の災害防止協議会の議事録を再度確認。その後、月別の重点安全項目の発表を行いました。10月度の重点安全項目は、墜転落災害の防止です。脚立作業時には天板には乗らない、昇降時の安全確認を行い、足元の整理整頓を徹底します。また高所作業時の安全帯着用を義務付け、開口部養生の確認をしっかり行います。10月度は電動工具の点検月となっていますので、事故防止のため念入りにチェックします。11月度の重点安全項目は、作業前の準備運動、作業手順書の読み合わせをもとにKYの実施となっています。そして、インフルエンザ予防として、手洗い、うがいの実施となっております。
 災害事例報告では実際に起こった鋼製ステップの転倒事故、一輪車による転倒事故等の労災事故をあげ、その事故の事例を検証し、未然防止策を皆で検討しました。
安全DVDは「脚立作業の主な災害事例」を視聴。現場における脚立の危険な使用方法を事例にあげ、その防止策について皆で勉強しました。
9日に実施した安全パトロールの報告では、実際に現在施工中の現場での良い点、是正すべき点などを画像と共に報告し、災害防止はもとより、より一層お客様にご満足いただける品質確保に対する意識を高めました。
最後に閉会挨拶として㈱太陽商工 執行役員の佐藤より、労基局による現場の監査と、近隣マナーとして車両の路駐禁止について、お話しさせて頂きました。
労災ゼロは4170日を達成し、記録を更新しています。改めて5000日を目標として今後も現場の安全について、社員・協力業者一丸となって取り組んで参ります。

 

ページトップ

レノバニュース

レノバNOW レノバサロン うきうきメッセージ 安全への取り組み